マタニティ・産後ケア通信

マタニティ整体・産後整体(骨盤矯正)産後ケア(回復ケア)ユーファイ・ドゥーラ
出張エリア:東京都中央区「勝どき駅」からご自宅最寄り駅まで30分圏内

出張・滞在可能時間:平日10:00〜17:00

公式サイト:osantosango.com

お問合せ:031035@osantosango.com

最新予約状況はこちら

2015年11月12日木曜日

産後整体でした。タイ古式スタイルで施術しております。

ユーファイのネタが続いていたので、整体もやっていますよのトピックです。

「そういえば、施術風景って自分じゃ撮れないよなぁ」
という今更なことに気づきました。

三脚とタイマーを使えばいいのでしょうが。
大荷物はユーファイで味わい尽くしておりますゆえ......。

あ!

Osan to sangoの産前産後整体はデフォルトで託児スタッフ付き!
(託児不要の場合は割引しております)

ということで、クライアント様と託児スタッフにご協力を得て、
施術風景を撮影していただきました。




腕の施術をしております。
が、ちょっとわかりづらいですね。
もうちょっと動きがわかる色のパンツにすればよかったです。

当方の整体はタイ古式スタイル。いわゆるタイ古式マッサージです。
なので、施術風景にはこんなものも。



タイ古式整体(=タイ古式マッサージ)は別名「怠け者のヨガ」。
クライアント様は脱力した状態でヨガを行うのと同じ状態になれます。
お体の可動域を見ながら施していくストレッチはとてもとーっても心地よいです。

そうだそうだ、もう一つ別名があるのです。それは

「世界一気持ち良いマッサージ」

普段、自分じゃ伸ばさないところを他者によって脱力したまま伸ばすのですから、
気持ち良いったらありゃしない。

ワタスはタイ古式整体(タイ古式マッサージ)が一番好きです。

「世界一気持ち良い」の異名の由来には、「気持ち良いのはクライアント様だけではない」も根底にあると思います。

そうなんです。

施術側も一緒にストレッチができて、気持ち良いのですー!

2番目の施術スタイルは一見すると、ワタスにめっちゃ、負担がかかっている様に見えるかもしれません。

でも、実際にはとーっても気持ち良いのです。

こんなWin-Winなボディワークって他にあるだろうか〜?

血流もリンパの流れも良くなるので、施術後は体スッキリポカポカです。
(水分摂取をお忘れなく!)

施術スタイルはマタニティの方とそうでない方では多少、変えて行いますが、
基本は一緒です。

施術後にはフィードバックも行っております。

Osan to sango の整体が気になってきた方はこちらをどうぞ。
もうすぐにでも予約したろー! と思ってくださった方はこちらをどうぞ。

Osan to sango のタグチヨシノでした。









2015年11月9日月曜日

ユーファイのアイテム【ホットストーン】

産後のスペシャルケア『ユーファイ』に必要なアイテムをちょっとずつ紹介します。

その前にユーファイのご説明です。既読の方は背面色の部分はスルーください。

【ユーファイ】とは何ぞや? 

ユーファイとはタイ語で“火の側にいる”という意味らしいです。
『産後のスペシャルトリートメント』としてタイでは定着しています。
経産婦が更年期にいわゆる“更年期障害”を発症すると、

 「産後にユーファイを受けなかったのか?」

なーんて言われるくらい、産後の女性にとって重要なトリートメントなのです。

 “火の側にいる”という由来なだけあって、トリートメントは徹底して身体を温めます。
 その際、産後の身体に良いとされているハーブ (ジャワウコン、プライ、パンダナス、ベールフルーツ、ジンジャー、レモングラスetc.)などの力もたーっぷり借りて、 子宮を始めとする内蔵機能の回復を促進したり、ホルモンバランスの調整も行います。

施術時間は大体2.5〜3時間。 長丁場なので、大抵の方は眠ってしまいます。
 途中、1または2回ほど授乳やトイレ休憩を挟むので、
 セラピストは「お邪魔しまーす!」と入室してから退室まで大体4時間前後居座っています。

大体、3日目くらいから身体に変化が現れ始めます。
 早い方ですと、3日目にして「お腹がへっこんだー!」と嬉しい変化が見られます。

た・だ・し、日本はタイと違って四季があります。
また、産婦さんのスタート時のコンディションやご自宅の環境などによって、 効果ので具合は様々です。
必ずしも「3日でお腹がへっこみます!」という事ではありませんので、ご了承くださいませー。

さて、今回の主役は【ホットストーン】。私が使っているのはこちら。


長さは10cm弱。割と大きめなので、手に持つというより、置き石として使っています。
こちらを6つ持参し、温めて使用します。
初めに行うタイ古式整体の間、背中やお腹、大腿部に置いて体を温める役割を担っています。
実はホットストーンは初めたばかりの頃、持参してはおりませんでした。

その代わり、ブロックを使っていました。
はい、童話『3匹の子ブタ』の末っ子ブタがお家を建てるのに使った素材です。

ユーファイの基本的な施術に「ホットブロック」というものがございます。
ソルトクレイポットと同じく、ジュウジュウに熱したブロックをバナナの葉とタオルで包んで身体に当てて、熱を入れていくという施術なのですが、実は実は実は

ブロックの取り扱いが難しい!

耐久性が余りなく、簡単に欠けてしまう。
注文したもの全てが欠けることなく手元に届くのは難しい。
そして重い!!
施術中は加えて熱せられているため、目を離すと下に置かれたものをあっという間に焦げ付かせてしまう(タオルと葉で包んでいても!)。
事実、畳を焦がしてしまったことがある、と先輩施術者は話してくれました。

ユーファイしたいけど、それは面倒くさいかも......

と思っていたら、その先輩から
「代わりにホットストーンを使ったら、これが当たりだったのよー!」

......
......

その代替案いただきました!(もちろん、師匠にも先輩にも許可は得ております)

ホットストーンに使用している玄武岩は遠赤外線を発生させるので、皮膚や血管を温めます。温まった血管が全身を巡るので、芯から暖まることができます。
産後はホルモンバランスが激変するため、体が冷えがちです。
授乳も始まるので、貧血気味になる人はなおのこと。

だからこそ、ユーファイはどんな施術も体を温めることが根底にあります。

で、ブロックより優れている!と思ったのはですね、

・体の上に置いておける
・温度の下がり方が緩やか(長時間使える)
・石自体に邪気を吸う力がある(と言われている)
・管理が楽チン!

えぇ、管理が楽チンなのです。ブロックよりも!

先輩が師匠にこの代替案を提案した時、師匠は
「マイペンライ!(結果が出るならかまへんかまへん)」
さすが微笑みの国伝統のトリートメント!

私の場合、ホットストーンは最終的に手に握ってもらいます。
「わぁ、気持ちいい」という声が漏れる確率50パーセント超えていると思います。

今となってはユーファイに欠かせないアイテムです。
重いがゆえ、いつもスーツケースの底辺に鎮座してくれてありがとう。
あ、施術後は無添加石鹸で洗った後、塩水に浸してあげております。

あ、この方もホットストーンには欠かせません。



石をすくうオタマでございます。
超高温の石は気合で触ることはできません。
108円で我が家に来たけれども、108円以上の働きをしております。

私もこういう存在でありたいものですww

産後の体調を整えたい方、
ユーファイのお問い合わせはこちらから。
ユーファイの詳細・お申し込みはこちらから。

※お陰様で年内のお申し込みは締め切りました※
2016年1月  受付中(残り2件)
2016年2月  受付中(残り1件)
2016年3月  受付中


2015年11月6日金曜日

ユーファイ1DAY 体験:体が芯から温まりました

またまたセラピストさんにユーファイを体験いただきました。

ご近所でプライベートサロンを運営しているRelaxenオーナーChikaさん。

ご近所なので、手前宅までご足労いただきました。

いやぁ、助かりました。なぜならばーーーーー

ユーファイの主なクライアント様は産後1〜8週間のため、
施術はクライアント様のご自宅で行うのが基本だからです。

こんないでたちで訪問しております。

スーツケースはサムソナイトのコスモライト・スピナー75。
2.8kgで98Lの収納力を誇ります。

超軽量スーツケースなのですが、中には鍋や電熱器、IHヒーターやホットストーンを収納しておりますゆえ、これで飛行機に乗ったらば超過料金に引っかかること間違い無し。
肩にはバックパックとアウトドア用チェアを背負っています。

なので、正直、軽くはないのです。スキップしながらは進めないのです。
信号がピコピコしていたらば、待つしかないのです。
階段しかない駅だと、途中で小休止。気合いを入れ直すのです。

ここから先は言い訳っぽいですが、

産前産後女性が大好物なので、ユーファイという施術ももちろん好物。
一箇所に留まっていられない性格なので、出張スタイルも手前には合っているのです。
天秤にかけたら、ユーファイを取りたいのです。

なので、ご縁があってこの記事にたどり着いた、リピーター様、未来のクライアント様、
「なんか悪いなぁ」
なんて思わないでくださいね。

楽チンではないですが(しつこい)、筋トレのいい機会になっておりますから。


閑話休題。


Chikaさんからはこんなご感想をいただきました。




「芯から」の部分が「芯から」と下線で強調くださっています。
もともと、あまり冷えていらっしゃらなかったこともあって、
仕上げのハーブサウナから出ていらっしゃった時は全身から大量発汗。

この後、ランチもご一緒したのですが、「まだ身体がポカポカしてるー」。

夜はお持ち帰り頂いたハーブボールをお風呂に浮かべてくださったそうです。

さて、Chikaさん。手前と同じく産後ケアトリートメントもなさっています。

『マレー式産後エステ』

ユーファイはタイ式です。地理的に、似たようなことをするのかなぁと思っていましたが、
Chinaさん曰く、「似ている部分もあるけれど、違う部分(施術の種類)も案外あるね〜」とのこと。

今度は手前がマレー式産後エステの1DAYを体験する予定なので楽しみです。
---------------------------------------------
そんなわけで、スキップはできませんが、ユーファイは大好きな産後ケアですので、
・産後、ご自身の体を回復させたい方
・生理でお悩みの方(妊娠問わず)
・妊娠しやすい身体を作りたい方
・冷えでお悩みの方

どうぞユーファイをお試しくださいませ。

ご予約はこちらから
お問い合わせはこちらから

Osan to sango タグチヨシノでした。




2015年10月22日木曜日

アロマサロン『はなみらん』でのユーファイ

ご無沙汰しております。
ブログを発酵させている間にすっかり秋でございます。

ネタもすっかりいい感じに発酵してきたのでそ〜ろそろお披露目していきたいと思います。

今回は中目黒にあるアロマセラピーサロン『はなみらん』のオーナーセラピスト、花香さんに1Dayユーファイをお試しいただいたご報告。

Osan to sango ではクライアントの状況に合わせてタイのハーブティーを提供しているのですが、産後の方には子宮の回復を促し、ホルモンバランスを整える効果のあるハーブティーをお出ししています。
今回、花香さんの体調を予めヒアリングし、産後の方と同じハーブティーを飲んでいただきました。幸い、お味に問題なかった様子。

ハーブティーはそのハーブの効用を求めている人には美味しく感じられる傾向があります。
例えば、産後数年を経過した方や男性の方が花香さんと同じ物を飲んだ場合、

うっ、ま、まずい!

と感じる場合は、その方に今はそのハーブティは必要ないとも考えられるのです。
まぁ、茶葉のクオリティが落ちている事もあるので、お出しする前に試飲は必須!
なんせ、「マイペンライ(タイ語で「大丈夫、気にするな」の意)」なお国の方で作られた物を直輸入しているので。


ユーファイ施術は足湯から産婦さんに行うのと同じ手順で行いました。
足湯はお言葉に甘えてセルフでやってくださいました。深謝!

ちゃっかりご感想も頂きました。

施術後も「あー気持ちよかった!」を連発してくれました!

今回、アロマセラピーサロンでのユーファイ、という事でワタグス、花香さんのご厚意に甘えまくりました。タオル類は思いっきり借りちゃいました。
おかげで荷物がスッキリ...と言っても120cmスーツケースは欠かせませんが。
それでも、いつもよりスーツケースの動きが軽やかだでした。深謝!その2。

最後に深謝のお礼として、妊産婦専門アロマセラピーサロン『はなみらん』をちょこっとご紹介。


このドアのアレンジは何と花香さんのハンドメイド!

日差しが心地よいこの場所でカウンセリングやお茶が飲めるみたい

今回は初のベッドDE ユーファイでした。
ワタグス的にもたくさんの学びが!

あと、託児デーもあるみたいで、その日は別室でお子さんをプロにお任せしてトリートメントが受けられるみたいです。
受ける側もトリートメントに集中できた方が効果はさらにUPするので、これは嬉しい!

個人的には中目黒にあるのも「わざわざ行く甲斐」があって良いのではないかと。
初めは街全体がオシャレ過ぎて、ワタグスなんぞ過呼吸を起こしそうでしたが、ちょっと慣れるとお散歩したくなります。施術後で身体も軽くなっているしね。歩き過ぎに要注意かも。

まとめに入りますが、
冷えとり&体質改善&産褥期ケアには是非是非、Osan to sangoのユーファイを!
冷えとり&体質改善&妊産婦の定期メンテナンスには是非是非、はなみらんを!

以上、Osan to sango タグチヨシノでした。

妊産婦専門アロマセラピーサロン はなみらんHPはこちら
ユーファイ&産前産後整体 Osan to sango HPはこちら

2015年9月30日水曜日

手根管症候群と緊急ドゥーラ

この仕事をしておりますと、

「産後ドゥーラさんって産後はいつまで来てくれるのですか?」

というご質問を受けることがあります。

私はこうお答えしています。

産んだらずーっと産後です。産後間もない方を優先させてはいただいておりますが、
過去に一度でもサポートさせていただいた方は産後何年を経過しても、必要であればお伺いしますよ」と。

サポート料金は当時と変わっているかもですが......(*´σー`)エヘヘ

今回は、いったんご卒業なさった方への単発サポートのレポです。

-------------------------------------------------------------
「手根管症候群になってしまいました。
料理をするのがちょっと困難なので、サポートをご利用することは可能でしょうか?」
-------------------------------------------------------------

もつろん、YES!! です。
第一ご希望日にお伺いすることはできなかったのですが、
その翌日に行って参りました。

【手根管症候群】というのは、手の平の付け根付近にある「手根管」というトンネル状になっている組織があるのですが、そのトンネルの中には「正中神経」というのが通っています。

産後、ホルモンバランスの急激な変化によってそのトンネルの内圧が上昇、正中神経が圧迫されて指に痺れを感じる症状です。

雑な説明ですが、トンネルを通っている正中神経は親指・人差し指・中指・薬指の半分を司っているので、この4本の指に痺れがくるようです。

ちなみに私はラッキーなことに手根管症候群になったことはありません。
仕事の事を考えたら、経験してみた方がよかったのかもしれませんが。

ご自宅にお邪魔して、手洗い・うがいをしたらば、出汁をとる準備をし、お米をといで調理の下準備。
それから、首・肩・背中・腕の血流をよくする施術を行いました。

ほんの15分程度ですが、やらないよりかは全然マシ。
正直、暖かい手を首や背中、腕に触れるだけでもいいんです。
あとはクライアントさんの身体が勝手に自然治癒力を発揮してくれますから。

お身体がほぐれた後は、調理に専念いたしましたー。


ちょっとレンコン祭りになってしまいました......。
プラス、白菜と豚肉のミルフィーユと重ね煮のお味噌汁。

指がしびれると調理にともなう細かい作業が辛いんですよね。

クライアントの I 様はご卒業されたとはいえ、まだ産後1ヶ月とちょっと。

10月も上旬にサポートすることになりました。

人によってはまだまだ「産褥期」です。
ご自身の中の「声」に耳を傾け、ご自身のペースで産褥期を経過していただきたいです。


さて、一仕事した後は〜



I 様オススメのパティスリーでスイーツをお持ち帰り(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

我が家の1号ちゃんと夜な夜な楽ませていただきました。

そんなワケで翌日はなるべくエスカレーターを使わずに階段でカロリー消化ちう!

Osan to sango タグチヨシノでしたー。

2015年9月24日木曜日

「対人援助とコミュニケーション」研修レポート2

レポート1はこちらから

コミュニケーションワークは実践形式で。

文字が書かれた紙を適当に5分割にビリビリ破いたものを
目を閉じた状態で、ガイドの指示のみで元の形に戻すワーク

とにかく指示が適切じゃないと伝わらないっ!
ガイド役になった時は、時折自分も目を閉じてみたりしていました。
諏訪教授によると「アナログ時計の文字盤が方向指示に役立ちますよ」
なるほど〜。ついでにこのワークは近々体験してみたいなーと企んでいる
「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」のインスタントバージョンと表現してもよいかも......なんつーことが頭に浮かびました。



写真のワークは指示や助言のタイミングや正確性を感じ取るワーク(と思っている)。


一人が作業をする人(目隠しはしない)
一人は指示または助言をする人
一人は指示・助言をカウントする人

1回目は開始早々から助言を入れたいたのですが、完成度は今ひとつ。

諏訪教授のちょっとした補足が入ってから、もう一度やってみると完成するまでの時間も短縮。

私の場合、視覚があると助言や指示が邪魔だったんです。




対象者(クライアント)の状況によっては、指示や助言を変えなくてはならない、場合によっては助言のみ、助言すら不要の場合もある、ということを体感できたワークでした。

他にも母音のみで何を言っているのかを当ててみたりと、話していることの要約をするワークだったりと五感でたくさん学ばせていただき、「クライアントを見る」ということがいかに大切かが身に沁みて理解できた一日となりました。

余りにも感動しちゃった私はちゃっかり諏訪教授と写真も撮らせていただきましたよ。
フォッフォッフォッ(バルタン星人風)。



今日も諏訪教授は全国を飛び回っているようです。
お酒はほどほどにお楽しみくださいませ!


「対人援助とコミュニケーション」研修レポート1

つい先日の日曜日、タイトル名の研修を受講してきました。

結果から申し上げますと、

いやー、おもろかった!

小難しい概念や場面・状況別の対応などを座学でずーっと聞かされるんだろうなぁと思っていました。

「日曜なのにー」「明日からまた仕事なのにー」
なんて思いながら会場に足を運んだのでした。

講義を担当してくださった諏訪教授、すんません💦
でもマイナスからのスタートだった分、バネとなって6時間の講座があっという間でしたよ〜。

2015年9月10日木曜日

台風18号でもへっちゃらさ♪

昨日は台風18号のため、午後から大雨!!!!
開業してからここまで激しく降られたことはなかったかも。
そんな中、産後2週間のクライアントさんの元へ整体にいってきました。
到着したらこんな感じに.......




びっしょびしょ!
こんなに濡れるなら、服に洗剤吹き付けとけばよかったか?!






でも「整体」だったのが幸いしました。
bodyworkの時は基本、着替えを持参しているので......







じゃじゃん!

と帰りは施術着にお色直し!......つっても相変らずの土砂降りだったので、家に着く頃にはまたビッショビショでしたがー。

クライアントさんはこの日で産後2週間。
産後5日で見せて頂いた時は「締まり過ぎ?!」なくらい、カッチカチでしたが、徐々にちょうどいいバランスになってきました。
私見ですが骨盤が早急に締まるのもどうかなぁと思っているこの頃。
これについてはまたの機会に。

ではでは〜。

Osan to sangoについて詳細が気になる方はこちらから→
お問合せはこちらから→