マタニティ・産後ケア通信

マタニティ整体・産後整体(骨盤矯正)産後ケア(回復ケア)ユーファイ・ドゥーラ
出張エリア:東京都中央区「勝どき駅」からご自宅最寄り駅まで30分圏内

出張・滞在可能時間:平日10:00〜17:00

公式サイト:osantosango.com

お問合せ:031035@osantosango.com

最新予約状況はこちら

2015年9月30日水曜日

手根管症候群と緊急ドゥーラ

この仕事をしておりますと、

「産後ドゥーラさんって産後はいつまで来てくれるのですか?」

というご質問を受けることがあります。

私はこうお答えしています。

産んだらずーっと産後です。産後間もない方を優先させてはいただいておりますが、
過去に一度でもサポートさせていただいた方は産後何年を経過しても、必要であればお伺いしますよ」と。

サポート料金は当時と変わっているかもですが......(*´σー`)エヘヘ

今回は、いったんご卒業なさった方への単発サポートのレポです。

-------------------------------------------------------------
「手根管症候群になってしまいました。
料理をするのがちょっと困難なので、サポートをご利用することは可能でしょうか?」
-------------------------------------------------------------

もつろん、YES!! です。
第一ご希望日にお伺いすることはできなかったのですが、
その翌日に行って参りました。

【手根管症候群】というのは、手の平の付け根付近にある「手根管」というトンネル状になっている組織があるのですが、そのトンネルの中には「正中神経」というのが通っています。

産後、ホルモンバランスの急激な変化によってそのトンネルの内圧が上昇、正中神経が圧迫されて指に痺れを感じる症状です。

雑な説明ですが、トンネルを通っている正中神経は親指・人差し指・中指・薬指の半分を司っているので、この4本の指に痺れがくるようです。

ちなみに私はラッキーなことに手根管症候群になったことはありません。
仕事の事を考えたら、経験してみた方がよかったのかもしれませんが。

ご自宅にお邪魔して、手洗い・うがいをしたらば、出汁をとる準備をし、お米をといで調理の下準備。
それから、首・肩・背中・腕の血流をよくする施術を行いました。

ほんの15分程度ですが、やらないよりかは全然マシ。
正直、暖かい手を首や背中、腕に触れるだけでもいいんです。
あとはクライアントさんの身体が勝手に自然治癒力を発揮してくれますから。

お身体がほぐれた後は、調理に専念いたしましたー。


ちょっとレンコン祭りになってしまいました......。
プラス、白菜と豚肉のミルフィーユと重ね煮のお味噌汁。

指がしびれると調理にともなう細かい作業が辛いんですよね。

クライアントの I 様はご卒業されたとはいえ、まだ産後1ヶ月とちょっと。

10月も上旬にサポートすることになりました。

人によってはまだまだ「産褥期」です。
ご自身の中の「声」に耳を傾け、ご自身のペースで産褥期を経過していただきたいです。


さて、一仕事した後は〜



I 様オススメのパティスリーでスイーツをお持ち帰り(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

我が家の1号ちゃんと夜な夜な楽ませていただきました。

そんなワケで翌日はなるべくエスカレーターを使わずに階段でカロリー消化ちう!

Osan to sango タグチヨシノでしたー。

2015年9月24日木曜日

「対人援助とコミュニケーション」研修レポート2

レポート1はこちらから

コミュニケーションワークは実践形式で。

文字が書かれた紙を適当に5分割にビリビリ破いたものを
目を閉じた状態で、ガイドの指示のみで元の形に戻すワーク

とにかく指示が適切じゃないと伝わらないっ!
ガイド役になった時は、時折自分も目を閉じてみたりしていました。
諏訪教授によると「アナログ時計の文字盤が方向指示に役立ちますよ」
なるほど〜。ついでにこのワークは近々体験してみたいなーと企んでいる
「ダイアローグ・イン・ザ・ダーク」のインスタントバージョンと表現してもよいかも......なんつーことが頭に浮かびました。



写真のワークは指示や助言のタイミングや正確性を感じ取るワーク(と思っている)。


一人が作業をする人(目隠しはしない)
一人は指示または助言をする人
一人は指示・助言をカウントする人

1回目は開始早々から助言を入れたいたのですが、完成度は今ひとつ。

諏訪教授のちょっとした補足が入ってから、もう一度やってみると完成するまでの時間も短縮。

私の場合、視覚があると助言や指示が邪魔だったんです。




対象者(クライアント)の状況によっては、指示や助言を変えなくてはならない、場合によっては助言のみ、助言すら不要の場合もある、ということを体感できたワークでした。

他にも母音のみで何を言っているのかを当ててみたりと、話していることの要約をするワークだったりと五感でたくさん学ばせていただき、「クライアントを見る」ということがいかに大切かが身に沁みて理解できた一日となりました。

余りにも感動しちゃった私はちゃっかり諏訪教授と写真も撮らせていただきましたよ。
フォッフォッフォッ(バルタン星人風)。



今日も諏訪教授は全国を飛び回っているようです。
お酒はほどほどにお楽しみくださいませ!


「対人援助とコミュニケーション」研修レポート1

つい先日の日曜日、タイトル名の研修を受講してきました。

結果から申し上げますと、

いやー、おもろかった!

小難しい概念や場面・状況別の対応などを座学でずーっと聞かされるんだろうなぁと思っていました。

「日曜なのにー」「明日からまた仕事なのにー」
なんて思いながら会場に足を運んだのでした。

講義を担当してくださった諏訪教授、すんません💦
でもマイナスからのスタートだった分、バネとなって6時間の講座があっという間でしたよ〜。

2015年9月10日木曜日

台風18号でもへっちゃらさ♪

昨日は台風18号のため、午後から大雨!!!!
開業してからここまで激しく降られたことはなかったかも。
そんな中、産後2週間のクライアントさんの元へ整体にいってきました。
到着したらこんな感じに.......




びっしょびしょ!
こんなに濡れるなら、服に洗剤吹き付けとけばよかったか?!






でも「整体」だったのが幸いしました。
bodyworkの時は基本、着替えを持参しているので......







じゃじゃん!

と帰りは施術着にお色直し!......つっても相変らずの土砂降りだったので、家に着く頃にはまたビッショビショでしたがー。

クライアントさんはこの日で産後2週間。
産後5日で見せて頂いた時は「締まり過ぎ?!」なくらい、カッチカチでしたが、徐々にちょうどいいバランスになってきました。
私見ですが骨盤が早急に締まるのもどうかなぁと思っているこの頃。
これについてはまたの機会に。

ではでは〜。

Osan to sangoについて詳細が気になる方はこちらから→
お問合せはこちらから→