マタニティ・産後ケア通信

マタニティ整体・産後整体(骨盤矯正)産後ケア(回復ケア)ユーファイ・ドゥーラ
出張エリア:東京都中央区「勝どき駅」からご自宅最寄り駅まで30分圏内

出張・滞在可能時間:平日10:00〜17:00

公式サイト:osantosango.com

お問合せ:031035@osantosango.com

最新予約状況はこちら

2017年2月14日火曜日

【産後ケアご感想】ユーファイ3days@千代田区

バレンタインデーですが、1月の報告ですww

2017年最初の産後ケアトリートメント「ユーファイ」は3days@千代田区でした。
クライアントのMさまは30代前半、年明けにお二人目をご出産されました。
上のお子さんはまだ1歳ということもあり、順調に赤ちゃん返り。
お疲れも出ていましたので、トリートメント中は無理矢理にでもリラックスしていただくことに。

産褥期(産後3週間と言われてますが、個人的には産後5・6週間だと思う)は
基本的にご自身の体の回復に専念する期間(=家事はしないで横になっている)ですが、
上にお子さんがいらっしゃり、かつ保育園などに通っていない場合は
専念することすら難しいです。
そんな時、出張スタイルでの託児付き産後ケアトリートメントは施術中は
何が何でも横たわっていただきますので強制的に養生できます。

養生・再生(回復)ってリラックスしないとうまくいかないのです。
産後は赤ちゃんの授乳もあるので、産婦は睡眠不足気味。
そこに日中は上の子ケアも加わっていたら体はいつまでたっても養生・回復できません。
でも大抵の人は心の底ではしんどさを感じつつも、
動けてしまうから対応しちゃうんですよね。
無理をしちゃうから産後半年〜1年後にどっと疲れが出て
急に何にもできなくなったり、
40代後半〜50代に入って更年期障害に見舞われたりするのです。

Osan to sangoが提供している産後ケアトリートメント「ユーファイ」は
タイ伝統のケアなのですが、本国の産婦さんは少なくとも1週間、
長い人は1か月もの間、産後で消耗した身体をユーファイで回復させます。
その間、家事は身内や近所の女性たちがサポートするのだそうです。
何が言いたいかと言いますと、
妊娠・出産により10か月かけて変化した身体を戻すのには
それ相応の時間とやり方があるわけなんです。

とはいえ、タイの産後養生スタイルをそのまんま現代の日本に持ってきても
スムーズに定着するとは思っておりません。
タイですら近代化したバンコクなどではユーファイを受けていない産婦さん
ユーファイを知らない人もいるくらいですから。

1週間とは言いません。せめて3日間、
各日3時間ほどでも自身のケアに専念してもらえたらと思います。
だって子どもやパートナーにとってあなたの健康はこれからの毎日に必要不可欠だから。
どうかご自身を二の次にしないでくださいね。

さて、ホルモンバランスを整えるハーブサウナから出てきたMさま
「こんなに汗をかいたのは久しぶりかも」
と頬をピンクにしておっしゃっていました。

二人のお子さんを抱っこし、酷使した左手は腱鞘炎になりかけていました。
整体やトリートメントではその症状をすぐに治すようなことはできません。
でもリラックスしていただくことで産後に乱れたホルモン・心身のバランスが整っていくので、症状は改善されていくと思います。
ユーファイを始めとする産後ケアトリートメントはご褒美とかではなく、
妊娠・出産・産後の一連の流れとして積極的に受けていただきたいです。

身体がポカポカ温まってとてもすっきりしました。
ありがとうございました!
千代田区 M.S


★Osan to sango 最新ご予約状況はこちら
★Osan to sango ご利用お申し込みはこちら
Osan to sango
タグチヨシノ

2017年2月1日水曜日

5年後くらいにリノベーションを考えている方へ

先日、町屋にお住いのクライアント様に最後の産後整体を施術させていただきました。

初めて訪問した時、
華奢なクライアント様に抱っこされていたのは
母乳をた〜っぷり飲んでプクプクな長男くん。

余りにもスクスクと育っていて、
クライアント様の体力・筋力が追いつけず
お身体が悲鳴をあげていました。

パートナーの方は単身赴任で海外。
産後ドゥーラや家事サポートも利用されていましたが、
夜中は基本、一人で初めてのお子さんと向き合っていたのかと思うと
尊敬とともに涙が出そう......。
だって私は1秒たりとも一人でいたくなかったもの〜(特に夕方以降)。

2回目の整体時にバランスボールでの抱っこをレクチャー。
それを機に膝や腰、腕の疲労はだいぶ柔らいだそう。

その後、数回訪問し、お身体のメンテナンスをさせていただきました。

2月になりいよいよ、クライアント様もパートナーの所へ。
約5年ほどの滞在になるそうです。
次にこのご自宅に戻ってくる時、
長男くんは5歳。
オムツは取れていて、
クリームパンの様だった手はいろんな物を
掴んでいるんだろうなぁ。

で、で、このご自宅がまたとーっても素敵で。
80年代に建てられたマンションをリノベーションされていて
私は訪れる度に渡辺篤史(『建もの探訪』の人)になった気分。
自分の好みどストライクだったこともあり、
訪れるたびに私もエナジーチャージされるのを感じました。

実はクライアント様は一級建築士(納得!)。
仕事場が住まいでもあり、作品でもある。
これってリノベーションを考えている人にとってはとてもありがたい事ですよね。
こんなにわかりやすいポートフォリオないじゃないですか!
モデルルームとかCGをたくさん見せられるよりストンとくると思いますよ。
自身の肌、細胞が答えを出してくれますから。

普段、クライアント様についてはプライバシーもあるので、
ここまで触れないのですが、
あまりにも私の趣味にどストライクだったのと(繰り返すww)、
さらなる新しいライフステージへと旅立とうとするクライアント様への
はなむけを贈りたく、ついつい書きまくってしまいました。
もちろん、掲載の許可は頂いております。

海外滞在中は育児中心のライフスタイルを送られるそうなので、
5年後あたりでリノベーションを考えていらっしゃる方は
下記サイトを訪れてみてください。

三木由美子一級建築士事務所


三木由美子さんのリノベーションの様子がわかるphoto bookと
我が家の生リース


★Osan to sango 最新ご予約状況はこちら
★Osan to sango ご利用お申し込みはこちら
Osan to sango
タグチヨシノ